masawaka.com
うばたま | 若林政樹のサイト
30年ほど前に、王師から太極拳を習い始めた頃、最初にまず、存思(瞑想)をしながら動く套路を徹底的に習った。 その時に、王師はまるでジェルの海の中を漂うような感覚を得るはずだということで、ひたすら、その感覚を探しながら套路を恐ろしくゆっくりと行っていたものである。 何日かすると、その変成感覚が表れ、それから30年ほぼ毎日行っている套路に、あたりまえに感じる感覚になっている。