maltiman.com
イキテルカンジデアレ | 山口良介のブログ
さあ、来ました。2010年?から始めた、「〜アレ」シリーズです。年初に書いています。 あなたが生きてる!生きてるって感じがするのはどんな時ですか? もう、今年はこれしかありません。「イキテルカンジデアレ」。 あなたが「生きてる感じがする瞬間」はどういう時ですか? そう、お気付きの方は分かるでしょう。「いぬやしき」からの犬屋敷壱郎からの引用です。知らない人は「アニメ、漫画、いぬやしき」でOKグーグルしてください。 そしてもうこのシリーズも、下記のような感じになって来ました。 2010年 オモシロクアレ(多分もっと前に設定していたような) 2011年 テイネイニオモシロク 2012年 ウレシクアレ 2013年 アタラシクアレ 2014年 ホントデアレ 2015年 リアルデアレ 2016年 タクマシクアレ 2017年 エガオデアレ 毎回、このテーマって投稿した直後に忘れてしまって、そうか去年は「エガオ」だったっけかな?と思い起こしてしまうのですが、1年前の心境を思い起こすという上で重要な役割に私的になって来てしまっています。笑顔、どんだけ出来てたかな? さあ、本題の「イキテイルカンジ」、ですが。 本作では犬屋敷壱郎は、人を助けることによって自分は生きていると感じ、獅子神皓は人を傷つけることによって生きていると感じていました。 もちろん、物語はこの陰と陽のやりとりだけではなく、地球規模のピンチ問題へと発展して行くわけですが…。 別にヒーローになりたいとか、超人的な力を手に入れたい!とかではなく、自分にとって「生きてる感じがする」時ってどんな時なんだろう? って思ったわけです。 あなたが生きていることは奇跡である 全ての人は生まれてから死へのカウンドダウンが始まります。 しかし、そのことを意識している人がどれだけいるでしょう? その腕に抱いた赤ちゃんが、まさか死へのカウントダウンをしているなんて想像したくない気持ちは良くわかります。あなたの愛する恋人が死へのカウントダウンをしているなんて想像したくない気持ちは良くわかります。あなたの両親が死へのカウントダウンをしているなんて想像したくない気持ちは良くわかります。そんな自分も着実に死へのカウントダウンは決して止まらず動いているんです。