maltiman.com
法人印鑑3本セットって必要なの?実印さえあればいいのでは? | 山口良介のブログ
また法人印鑑を作りました。今回のはすごく安いところを見つけて、お約束3本セット2,720円という一昔前では信じられない価格で作りました。 仕上がりも全く問題有りません。なので3本手元に届いたわけですが…。 ここで、法人印鑑ってなんで3本もいるの?という疑問。。 まあ、実は株式会社を作った時も思ったのですが…。 私の経験上から法人印についてつらつらと書き記します。 結論「実印(代表者印)1本あれば良い」 特に設立当初は。 実印とは? 実印は「代表者印」ということで、ハンコ文化の日本において必要です。これが押してあるとなんでもまかり通る不思議な印鑑であり、登記する際に必要で、いわゆる印鑑証明書で証明される1本です。 これは必ず必要なので、諦めて作りましょう。でもこれだけあればOKです。他は要りません。なぜかは、印鑑ごとに後ほど説明していきます。 大きさは? 大きさですが、10.1mm以上30mm以内 と決められています。なのでそんなにデカイ必要もないのですが、中に入る文字数が個人より多いため、大きくないと何が書いてあるのか良く分からないといった事情が有ります。デカイ方が重厚感があるという単なる自己満足を満たしたい人は満たしてください。 ただ、実印一本しか作らないとなると、それを銀行印にも応用するわけで、あまりデカイとハンドリングは良くないです。おすすめは間をとって、18mm〜20mmくらいでしょうか? 形状は? そして、ハンコの形状として、「天丸」と「寸胴」というのがあります。「天丸」はくびれがあり、なんとなくハンコとして格上なイメージです。実印は天丸が良いかと思います。寸胴はいわゆる普通の印鑑で円柱形状です。このあたり詳しくはハンコ屋さんのサイトで調べましょう。押しやすさはどちらも変わらず。美しい印影で押すにはハンコの形状ではなく押すときのテクニックです。 これから経営者になるものとして、ハンコの押し方が上手いと銀行の方とか、契約先の重鎮とかから「やるな。」と思われるかもしれません。 銀行印っているの? 銀行印と実印を分けなさいというルールはどこにも有りません。ではなぜ分けて銀行印なるものがいるのかというと、ATMや、キャッシュカードがまだそんなに普及していなかった時代の名残ではないかと私は思います。 つまり、銀行=窓口といった時代。特に法人は。