maltiman.com
市役所の文書フォーマットはなぜワード・エクセルなのか? | 山口良介のブログ
.htmlでいいんじゃないか? 最近、ホントノ株式会社として独立してから始めたボランティア活動が功を奏して、市民アクティビティが活発になって来ました。 もちろん、地域に対して何か還元したいと始めた活動なので、個人的には楽しいのですが…。 そこで、公的機関とお付き合いするようになって、改めて思ったことがタイトルなのです。 だいたい公的機関のサイトで配布(ダウンロード)されている「様式」が、ワード、エクセル(拡張子 .doc .xls)が多いのですが、これに関して疑問を持つ人はいないのでしょうか? なぜ、ワードエクセルなのか?疑問を持たないことが問題 公的機関が、イチ民間企業のソフトウェアを使って様式を配布することに違和感を感じ始めました。 そう、当然のように。なのです。 確かに、私が良く関わって居る公的機関でも、かなり当然のように、ワード、エクセルのファイルが添付されて来ます。つまりマイクロソフトのオフィスというシリーズのデータ形式です(言わずもがな)。 これは、おそらくWindows98くらいの時代の名残ではないでしょうか? いや、まあ、それはさすがに古いということであれば、Windows7くらいでしょうか? つまり、パソコンといえばWindows、そしてソフトといえば、ワード・エクセルという時代の名残です。メールといえばアウトルック的な。 ご存知の通り現在、ワード・エクセルはこのスマホ、タブレット時代において誰でも持っているソフトではなくなりました(まあ以外と開けて閲覧はできて、そしてMicrosoft Office for iOSは無料なんですが)。 そもそも、オフィスはマイクロソフトというイチ企業の有料ソフトであり、そのソフトがないと編集できないのですから、公的期間が標準として採用するのにいかがなものか?と思うわけです。もっと厳密にいうと、様式がそのソフトでバッチリと作られ過ぎていて、あまりにも汎用性がないのです。 ちょっと前だとOpen Officeというオープンソースのオフィス見たいなソフトがあります。また、Libre Officeというのもあり、CC BY-SA 3.0に基づいて使用できます。