maltiman.com
クリエイターの働き方改革〜なぜクリエイターの労働強度は強いのか?〜 | 山口良介のブログ
労働強度とは? 一般的に労働強度とは、肉体労働に適用されるかの印象があるが、労働そのもののシンドさを現すものであるかに思えます。なのでクリエイターにもあえてこの言葉を使って見ました。 クリエイターに限らず創造的な仕事量の増加 クリエイターというものに対して世の幻想が実際の仕事と激しく乖離しているのを肌身で感じています。 特に問題なのが、近年様々なニュースで取り上げられる「労働時間の長さ」です。 本来、クリエイティブな仕事とは、頭や感覚といったものを駆使して、繊細かつ流麗な仕事をすることだ、という幻想があるでしょう。 私はどちらかというとクリエイティブとは元来、粘土をこねたり、ペンキをぬったりするようなイメージです。それをパソコンでやっているので、肉体労働に感じないだけで、実際にはすごく肉体にも精神にも負荷がかかる仕事だと思っています。 そして、現代はほとんどの創造的作業のマスターとなるものはデジタルデータで作ることがほとんどです。クリエイターに限らずパソコンに向かう時間は増えるばかりです。パソコンに向かっているが故に長時間労働になっているのではないかと思うほどです(誰かPCの業務への登場による長時間労働との相関性を調べてる人いませんかね?)。 クリエイターの労働時間が長くなってしまう理由」 私のお客様との話しの中で、「工場で朝から晩まで立ちっぱなしで8時間働いている人と、我々の行っている作業を比べると密度が全然違う。我々は机にずっと向かっているものの、ネットを見たり、おしゃべりをしたり、メールを打ったりしながら、ゆるく作業をしている。集中して、午前に3時間、午後に4時間クリエイティブに没頭すれば、残業はなくなるだろう。」と言っておられました。 どうして労働時間が長くなってしまうのでしょう? それは単純明快で、まさに「クリエイティブな仕事」だから…です。求められる機能、ビジュアル、コピー、プランを思い描けなければ、どんどん時間が経ってしまいます。また、思い描けたとしても、「ボツ」や「NG」や「ダメ出し」、もしくは「修正」「変更」といった言葉でその作業はほとんど無駄になってしまうのです。 ゆえに、何回もやり直す時間がそのまま労働強度となってクリエイターやエンジニアに跳ね返ってくるのです。