maltiman.com
大型クルーズ船ダイヤモンドプリンセスに乗って出張仕事というレアな経験について | 山口良介のブログ
豪華客船ダイヤモンドプリンセスクルーズに仕事で乗った件 まず時期は6月初旬。神戸ポートアイランドから出発です。 この神戸ポートアイランドというところは意外と行くところがない。港の先っぽまで行くのと、クルーズ船が停泊しない限り仕事で来る人しかいないのだろう。待合ホールにカフェとか作れば売れそうなものだが、常設するには採算が合わないのだろう。と初めて来たくせに勝手に予測。 本題に入ります。 クルーズのポイントをいくつかご紹介 風がとにかく強いのです 船内に入ると出国です。 クルーズ船の中に入るとある意味出国したことになります。まあ当たり前ですが、国際線の飛行機と同じですね。 クルーズ船の規模によりますが、今回はダイヤモンドプリンセスなので、定員2706名、全長290m、重さ11万6千トン (海ってすごいですね、こんな重いもの浮かぶんですから) 最上階が18階(屋上に該当)で、エレベーターで行けるところが15階までなので、ほぼ15階建てのホテルが海面上を移動できるような感じでしょうか。乗り物としては最大級になるはずです。航行速度は22ノット(時速40kmくらい) なので、15階建てのビルが時速40kmで移動しているところを想像してほしい。ものすごい抵抗であるし迫力です。 向かい風だったりするとデッキ上はものすごい風になります。 私が風が強い日にデッキに立ったら歩くのもやっとな状況。スマホで写真でも、なんて思うものならスマホが吹き飛ばされます。 なのでウィンドブレーカー的なものはマストです。私は半袖の服ばかり持って行って後悔しました。 海って波立つんだなあ〜などと実感。 カードで管理 船内では全ての方に乗客カードが渡され、それが部屋番号、会計に紐づいています。 あと、海側の部屋と、船内側の部屋があり、海側の部屋はずーっと海を見てられます。 ずーっと海です。ずーっと海です。魔が負うことなき海です。 海というのは不思議なもので、ずーっと見てても飽きない、と思いきやちょっと飽きます。 生き物の気配が全くしなかったのですが、イルカとか飛んだり、クラゲがプカプカしてたりすることはありません。 鳥が舞っていたのを一度だけ目撃しました。 しかし、きっと海の中にはたくさんの生物がいるのでしょう。