maltiman.com
現代の経済・都市化が多様性を遠のけている | 山口良介のブログ
都市化がもたらす問題を数える程度ですがエントリーしています。均一化されたフラットな構造。どこへ行っても同じ風景。都市化は一見経済を豊かにするように見えますが、人間の心と生物にはあまり良い効果をもたらしているとは思えません。 人間はしばし、自分たちが生物の頂点であると勘違いしています もちろん、生物として地球を制圧しているのは人間でしょう。 しかし、それは累々たる犠牲の上に築かれた、まさに砂上の楼閣であることは皆さんも勘付いているはずです。 単一性は脆弱性を生み出す それはちょっとした荒天、風邪などのウィルスの流行から始まり、災害時のたびに取り沙汰される都市部の脆弱性で分かるでしょう。もちろん色々対策はしていますが、非常に都市は脆弱です。 日本は地震が多いので、災害に対する意識は高いと思います。災害に強い街づくりと言っていますが、せっせと作った都市を守るために、つぎはぎを繰り返し、当の自分たちの足元はどんどんぬかるんでいくという状態です。 その一つの要因に、都市化が単一性を生み出し、多様性を失わせているのでは?ということに注目し、なんとなくエントリーすることにしました。 都市化は、整備されるがゆえ人工物で溢れます。最近は植樹や屋上緑化、壁面緑化などが声高に叫ばれていますが、費用対効果を考えるとどうしても、足踏みしてしまうのが不動産オーナーの気持ちでしょう。 ただ、植樹、緑化はいずれも人の手で作られた自然で、虫がつきにくい、人間に嫌われにくい植物が植えられがちです。街路樹が単一の種類の樹木になってしまうのも、見た目の美しさやメンテナンスのしやすさで選ばれてしまいます。 自然の木々は想像以上に多様です。低い木から、大きな木、時には毒となる葉をもつ木、小さな草花、さらに下に苔など。人間に都合よく作られた自然がいかにチャチなものかを、最近野鳥観察巡りをしていて目につくようになったのです。 こういった気づきからも都市は遠ざけてしまいます。 人間は進化の過程で文化を創り、技術革新を経て都市を形成してきました。 それ自体は否定しません。高度なテクノロジーを都市が生み出し、また都市がクリエイティブな文化を生み出してきました。人々がその恩恵に預かっているのも事実です。そして私自身、それに甘えているのも分かっています。