maltiman.com
電車歴27年の私が新社会人になる人のために伝授する15の電車通勤マナーとTIPS | 山口良介のブログ
私は電車が大好きです(鉄っちゃんではないという認識です)。 なんせ乗っているだけで目的地に着くからです。 そういう意味で快適に電車で過ごすためのこだわりとノウハウのようなものがいくつかあります。 この記事はその中でも、非常に高度な電車ユーザーノウハウが必要な「ラッシュアワー時」にフォーカスし、なおかつ、これから通勤電車デビュー(特に都市圏)する新社会人のために、私なりの知見をまとめたものであることをお断りしておきます。 参考にするのも、間違っていると思うのも自由です。 ようこそ地獄電車へ このどこまで人生で続くのであろう通勤地獄への入り口へ立たされたフレッシャーの方々へ。 上のタイトルを実感できるようになるのはまだ少し先かもしれません。 前置きが長くなりました。一つ一つをご紹介していきましょう。 1.車両の奥へ行けばいいという幻想 これは電車ユーザー初心者にありがちなのですが、やたらと車両の奥にグイグイ入って「してやったり」というパターンです。また車内アナウンスでも「とにかく車両の奥に詰めてください」と言われたりするので奥に入る=マナーと勘違いしてしまいます。 正確には降りる駅によって適切な車内ポジションがあります。乗車する人が非常に多く、降車する人が非常に少ない駅であなたが降りなければならない場合、奥の方にいることは迷惑になるからです。自分の降りる駅の降車人数を把握し、適切な車内ポジションを導き出し、それを混雑時にキープする必要があります。 どうです?いきなり奥が深いでしょう? 2.ドア付近は逐次乗り降りすべし 上記にも関係するのですが、自分がドア付近のポジションを取ってしまった場合はやはり乗降をスムーズに行うためにも、率先して降りて、再度乗ることを推奨します。特にフレッシャーなあなたは「気が利かない」と思われがちなので、率先して乗り降りを心がけましょう。 良くある「嫌がられる行為」の一つとしてドア付近なのに「ガンとして降りない人」が挙げられます。 もちろん、その方は、上記のポジションどりも頭に入れて石のように動かないのかも知れませんが、もっとスマートにやるのであれば、乗降しつつ自分の降車駅を考慮した適切な車内ポジションへと移動していく高等テクニックをマスターしてほしいものです。