maltiman.com
プチポリシー・マイポリシーを決めておくと日々の行動が楽になる? | 山口良介のブログ
ポリシーとは直接の意味は「政策」なんですが、方針という意味もあるのはご存知でしょう。もちろん政策となると何やら大きな意味になってしまいますが、ここでいうプチポリシーとは、小さな決め事というか、ちょっとした「マイ行動指針」です。マイルールとは少しニュアンスが違います。ルールというと守らなければダメというイメージになってしまいますので。 それをひとまず、プチマイポリシーと名付けて、それに基づいて行動すると、色々とちょっとした判断に迷いがなくなり、一貫性がでますというお話。 プチマイポリシーを持とう 例えば、「私はエスカレーターに乗ったら歩かない」というプチマイポリシーを持っています。これによって、いくら並んでいようが、エスカレーターに乗るときはおとなしく待ちます。逆に急いでいるときは階段を使う、としています。なので、エスカレーターにするか階段にするか迷いません。 階段がなくて、エスカレーターしかない場合も都心部では増えてきているので、どうしても急いでいて(例えばすぐにトイレに入らないと非常にまずいなど)、エスカレーターを歩かなければならない時はあります。 これは、あくまでも方針なので、そのときは仕方なくエスカレーターを歩きます。 こんな感じで、最悪ダメな場合まで優先順序を考えて決めておくと、行動に迷いがなくなりスムーズになります。 「なんだ、それ、ただのこだわりなんじゃない?」 こだわりとは少し違います 面倒な頑固オヤジのこだわりとは違うのです。こだわりにはやはり個人的な感情が多く含まれます。 方針は導き出されるものでなくてはなりません。 まず、エスカレーターに乗っているとき、単純に「歩くと危ない」というのと、不要なラッシュアワーの小競り合いに巻き込まれないと言った「リスク回避」があります。エスカレーターを歩くリスクよりも静かに乗っていた方が自分にとってストレスにならないからです。 また、エスカレーターは人が乗っていなくても動いて電気を消費してしまうということから、積極的に乗るようにしています。一部センサー感知式もありますが、それにより止まっていた場合はなるべく階段を使うという判断をします。私一人ごときの為に多大な電力を使うのは忍びないという考えです。 え、電気代はお前が払ってるわけじゃないだろ?って?