maltiman.com
コンビニによって商店街や個人店舗が駆逐されたのではない | 山口良介のブログ
どこに行ってもコンビニだらけ。という風景は、私たちが求めた結果である。 嘆く必要はない。 みんながコンビニを求めているから、こうなったのだ。 個人の小さなお店がどんどん潰れていることを危惧するのであれば、今すぐコンビニの利用をやめなさい みんながコンビニに頼りすぎた結果が、商店街や個人店舗を駆逐してしまったのだ。 でも、コンビニはイヤだ、という気持ちも分かる。 どこに行ってもほぼ同じものばかり 深夜の若者の溜まり場となっている 落ちているゴミは大抵コンビニの包装 などなど、負の要素も確かにある。 しかし、売っているもの全ては、そこそこに美味しくそこそこにリーズナブル、いつでもやっているという最大の特徴は、他のどの店舗形態をもいまや凌駕してしまっている。 おそらく、いまお店を始めようと思ったらコンビニがもっともローリスクであろう。 都市部のコンビニはイートインコーナーがあるところが増えている。 これはちょっとお茶したい、というみんなのニーズに応えた結果だ。 私的にコンビニヒストリーを振り返ってみた ここで、私のコンビニ歴を振り返って見ようと思う。 コンビニを、愛し、時には憎み、寄り添ってきた歩みを。 私が小学生の頃、酒屋(酒屋といいつつ駄菓子やら、ゲーム機やらが置いてあり、当時の子供にとってはたむろするためのひとつの遊び場だった。) 中学生になる頃だろうか?、正確には覚えていないが、この酒屋が「サンチェーン」になったのだ。 ※サンチェーンは後にローソンとなる >>サンチェーンのウィキペディア これが私のコンビニ初体験である。 この私が通っていたサンチェーンは、当初24時間営業ではなかった。 ほぼ同時期、「セブンイレブン、いい気分と」いうCMが大量投下された現セブンイレブンが、その名の通り朝7時から夜11時まで営業すると高らかに謳うようになってから、あらゆるコンビニがそれに追従するようになった。 のちに24時間営業が、あたり前となり、私の初コンビニであるサンチェーンもすぐに24時間営業になったと記憶している。 下記参照 >>コンビニが24時間営業になったのはいつから? 私が当時最も便利だと感じたのは、マンガが立ち読みし放題(ホントはダメなのだが)というのと、やはりその深夜までという営業時間だった。