maltiman.com
ブログの登場とパーマリンクという概念がインターネットの情報量増加を加速させた? | 山口良介のブログ
ブログ後とブログ前のネット インターネットとWEBサイトによって、情報の伝達が大きく変わった頃、企業が「ホームページを作れ!」とみんなして、企業サイトを一生懸命作ってYahooディレクトリに登録しろ〜って言ってた時代。 WWW(Wolrd Wide Web)の与えたインパクトはいうまでもありませんが、そこからほどなくして登場した「ブログ」について、2005年から細々とブログをやってる者としてエントリーします。 そして「ブログ」というものが登場してから、ネット上の情報量が爆発的に増えたと感じました。 ブログはWEBLOGという言葉が縮まって出来た、まさに「WEB」上の「LOG」なのですが、 個人の寸評サイト、日記サイト、ニュースサイト、オウンドメディアといった様々なサイト形態に進化して現在に至っています。 ブログ wikipediaはこちら>> ブログは自分でも作れますが、一般的にはブログシステムを使った方がお手軽です。 はてなブログ、ライブドアブログ、アメブロなどその他、大手の提供するブログから始まり、ブログソフトと呼べる、Wordpress、Movable Typeなどなど、これらのシステム(ソフトウェア)を使って作られるサイトがいわゆるブログサイトです。今となっては、「ブログサイト」とあえて分ける必要もないかもしれませんね。 そして、これらの特徴を決定づけているのが、パーマリンクとトラックバックシステムです。 コメントもまあ、アリですが普及に貢献した特徴と考えると、とにかくパーマリンクです。 パーマリンク(固定リンク=個別ページURL)の重要性 パーマリンクは、一つの投稿(記事、エントリーなどと呼ばれます)に、個別のURLが出来ます。 これが劇的にWEBページをインターネット上に増やす原因となるわけですが。 ブログが登場する前までの、WEB上の日記ページ(diary.html)は、1ページ内にXX年XX月XX日、何々をしました〜的なものが箇条書きのように羅列されるのがほとんどでした。というかページを分けるという発想がありませんでした。