maltiman.com
本当は明日にでもシン・ゴジラに自分が出社する会社を壊してもらいたい | 山口良介のブログ
と、いうのが現代のみんなの想いなんだろうなと、思いました。 ゴジラが現れてくれないと、日本は再建できないんですよ あまたあるゴジラエントリーが、解説、批評、独断といった形で紹介されていますが、私が思ったのはこの1点でした。 きっと。 そして、その願いを叶えてくれる映画が「シン・ゴジラ」なんですよ。 それをリアリティをもって庵野監督は愛情たっぷりに描いてくれました。 私はエヴァンゲリオンを愛する1人ではありますが、その演出、画角、構成などはさて置き、「日本再建への希望はすなわちリセットだ」を描いた映画だったのだとつくづく思いました。 これは、ゴジラの破壊するルートが私の知っている地域であり、自分の脚で訪れた所が多かったというのも、そう感じる理由の一つなのでしょう。 最初に上陸した羽田から蒲田近辺。再上陸した鎌倉か、東京都心への進出をかけた自衛隊との白熱の攻防を描く「ムサコス」。 そして品川、丸の内という下り。弊社の東京オフィスは天王洲(ほぼ品川)、前職の場所が銀座一丁目(ほぼ丸の内)といったリアリティが、そのゴジラデストロイのリアルさをより身近にしたのです。 劇場を後にした各々の帰り際の遠く、もしくは近景にゴジラが暴れまくる姿を重ね合わせた人は多いのではないでしょうか? そう、この場所は確かゴジラが再上陸した場所....。 現代におけるリアリティの欠如 明日布団、もしくはベッドから起きたら自分の出社すべき会社が木っ端微塵になっていたらと想像する輩です。 そう、それはすなわち日本社会の行き詰まり感を、究極生命体のゴジラが破壊してくれる。 リセットしてくれる! と思って止まない輩が思ったよりたくさんいるということです。 かの福島でさえ、自分ごとに捉えている人はどれだけいるでしょうか? 今なお汚染処理と、復興への道のりを描けずに、そしてチェルノブイリ化が進む一部の地域。まるでなかったかのように処理問題はただただ先送りされているだけの現状。最近明らかになった自分の近くに放射性物質が保管されているという記事を見て、ようやく「あの問題」はまだカタがついていないのだという事実を目の当たりにする。 指定廃棄物を学校に"放置" 横浜市、5年以上も 日本は過去、何度も実にヤバイ国難から再建しています。