maltiman.com
痛風にハイボールは効果があるのか? | 山口良介のブログ
この夏最もインパクトのある出来事は痛風発作でした このお盆休み、最もインパクトのある出来事が痛風の発作だったのでここに記すことにしました。 ちなみに、ここに書くことは個人の体験談であり、医学的根拠は全くありませんので、これを読む方が、いざ痛風仲間になった時の少しでも参考になればと思うのと、また自分で読み返す可能性もある備忘録としての投稿です。 タイトルは敢えてですが、結論から言うと、痛風にハイボールは効果はありました(酒類メーカーの広告記事じゃないですよ、念のため)。 ただそれを実感できたのは、これから語る事象が起きたからです。 今回の痛風発作は想像を超えるものでした。 今回というのは、前回があるのですが、前回というのが実に一昨年の12月だったので、およそ1年8ヶ月ぶり痛風発作なのです。 しかもその前回というのが、そんなに大したことがなかったのです(今思えば)。 痛くなり始めてすぐに医者に行って鎮痛剤(ロキソプロフェン)を貰ったから、というのが良かったからかもしれません。 本格的な発作の前に対処できたというのがラッキーゆえに、「あ、痛風ね、なったけど、びっこ引いたよね〜。痛いよね〜。」程度の出来事ですみました。 痛風って風のような痛みなんです しかし、今回の痛風発作は想像を超えるものでした。まさに、「シン・ゴジラ」ならぬ、「シン・ツーフー」(例えに意味があるのであれば、この夏に快進撃を遂げたインパクトある出来事くらいでしょうか)。 お盆で通っている病院が休みということもあり、そのあまりの激痛に夜も眠れず...。 痛風という病名には、「風が吹いただけで痛い」という有名な由来がありますが、「風のような痛み」という意味もあるのが今回体感できました。 そう、足の親指の付け根を中心に「痛みの風」が風速数メートルから数十メートル、果ては突風のように吹き荒れるのです。 そよそよと痛みの風が吹くときもあれば、ビュゴオオォォっと吹くときもあるのです。 奥深い病気であります。そして日本語のこの病名をつけた方のネーミングセンスを今讃えます。 痛風は血液中の尿酸がいろいろとやらかす病気なのですが、病気のメカニズムに関しての詳しいエントリーは他の方や、Wikipediaにも載っているのでそちらを見ていただき、 痛風ーWikipedia>