maltiman.com
自動運転の車を一刻も早く日本に導入してほしい理由 | 山口良介のブログ
コンピューターは命令通りに動いてしまう、人間は命令を間違えてしまう 私は車の運転がいつからか嫌いになっていました。 昔は車に乗ることはスポーツだと言っていたくらいです。 長らくマニュアル車を運転していたのも影響していると思います。 とにかく車を運転するのは疲れるのです。 車の運転というのは疲れるので、面倒になってきた あと、助手席に慣れてしまいました。 私のお付き合いする人がたまたまか分かりませんが車の運転が好きな人が多いのです。 車の運転が好きな人は、やはり車の運転が上手いものです。 なので助手席が心地よいのです。 電車が好きというのも影響しているのかもしれません。 ですが、最近ちょいちょい運転する機会が増えてかなりのストレスです。 一説にはぼーっとしてる時に比べて車を運転している時は、1000倍ものストレスにさらされるそうです。 だからか。 そして、なぜストレスがそんなに増大するのか考えてみました。 それは、自由度だと 歩いていると、ゆっくり歩こうが、早く歩こうが自分次第です。 駅前や渋谷のスクランブル交差点は別として、かなり自由に歩けるはずです。 自転車も比較的自由に走れます。 ちょっと細い道に入ったり、車道を飛ばしてみたり。 電車は一度乗ってしまえば、目的地まではかなり自由に過ごせる。 自動車は自分で車を操れるにも関わらず、ルールが多過ぎるのです。 車の動きは複雑です。 歩く制御は、その人がダイレクトに制御しているので全てにおいて反応が早いです。 しかし、車は運転技術、車の性能、周りの状況と影響を受けるものが多いです。 制御に関して。 また、ルールもたくさんあります。 運転していると、標識を見たり、信号をみたり、障害物をみたり、人間を見たり、他の車を見たり、道路の状況を見たり、とても自分の好きなように運転できません。 ゆっくり行きたいなあと思っても、制限速度のなぜかプラス10キロくらい出してないと煽られてしまうし、急いでいたとしても、1車線の道路では、前の車が遅いとそれはそれでストレスです。