maltiman.com
ピリカ(PIRIKA)というアプリを使ってみて「なぜゴミを拾わないのですか?」と思うようになってきた | 山口良介のブログ
このアプリを見つけたのは、オンラボ(Open Network Lab)に行った時のことでした。 (ちなみにアイキャッチ写真と本文はほとんど関係ありませんが、ディズニーリゾートはゴミが落ちていないことで有名ですね) イケてそうなスタートアップのステッカーを見ていて、見つけたのがこのPIRIKA(ピリカ)です。 ゴミ拾いを共有するという発想。ありそうでなかった感じのアプリ この歳になってようやく私はゴミを抵抗なく拾えるようになり、 逆になぜ、ゴミが落ちているのに、拾わないのですか? という境地にまで達してきました。 これも、このアプリのおかげではないかと思っています。 私が惜しくもゴミを拾わない理油は、 拾っても当分捨てる場所がないので、長い間もちあるくことになる。 臭いがきつい(主に食べ物や、吐瀉物など) 拾いきれない(素手で扱うのが厳しいタイプ=汚れがひどい、つかめない、うんこだったり) となります。 つまり、普段歩いていてフツーに拾えるゴミは、空きカンやペットボトルあたりが無難になってしまいます。 甘えてるかもしれません。 まあ、それでも拾わないよりかマシだろうという感覚を後押しするアプリがまさに、 PIRIKAなのでございまする。 私もしょっちゅう拾えるワケではないのですが、先にゴミ箱が待っている道中で、空きカンなどが落ちていたら極力拾うようになりました。 PIRIKAのおかげです。 ゴミを拾って写真に撮る姿がちょっと恥ずかしいのが難点ですが、まだまだピリカ初級ちゃんということでしょう。 勘違いしちゃいけないのは、「私はゴミなんかひろっちゃってイイ人でしょ!」自慢では決してないということです。 ちょっと言うと最初は確かにそんな感覚だったかも知れません。 twitterと連動させはじめたトコなんかは、そういった欲求があったりするのかもしれません。 でもまあ、あろうがなかろうが、ゴミを拾えばいいじゃないですか。 ゴミがひとつゴミ箱に確実に移動するんだから。 拾わないよりかはマシでしょう? ゴミを捨てないようにしましょう!ではなく、ゴミを拾いましょう!と教育せよ でも、「ゴミを(そこいらへんに)捨ててはいけません」と教育するのに、 なぜ、「落ちているゴミを拾いましょう」と教えないのでしょうか?