maltiman.com
モナコに出張で仕事して来ました | 山口良介のブログ
これはアメブロからのエントリー移植です。 これはビジネスで行ったモナコという国へのまとめメモです。ふだんのエントリーとは別物としてお読みください。 飛行機だとニースからの乗り換えとなる、モナコは小さい国なので観光となると1日で充分です。観光ツアーガイドバス的なものがあるので、まずそれでヘッドホンガイドを聞くのもよいでしょう。非常にせまい国なので1日で全て堪能できます。 まず車好きには、道ゆくスペシャリティカーが多いのと、フェラーリやベントレーの販売店などが並ぶ通りはわくわくするかも。そしてF1のコースを間近に楽しめるのもいいですね。 ぼくはフェアモントホテルに泊まったのでちょうどヘアピンカーブのところの目の前で滞在も4月上旬だったため、ガードレールが設置されるなど5月の開催に向けて準備が進んでいました。この辺りとトンネルのあたりはテレビ中継で見覚えのある人も多いので、ファンじゃなくても見た人ならばちょっと萌える感じでしょう。 女性が楽しそうなブランド街は、カジノ広場周辺にあります。 こちらもセレクトショップやZARAが進出するなどカジュアルブランドもなきにしもあらず。ただ、ブランド品は安いとはいえパリなどでもほぼ同じ値段だそうなので、モナコでしか手に入らない限定版を買う以外はそんなでもなさそうで。全てが金持ち仕様なのでこういった限定品が客を満足させるのでしょうね。 地形は海から崖を背負っているため金持ちが守られている感じ。 なので坂道が多いのが特徴です。特にモナコ・モンテカルロ駅は、坂の上なので駅から行くと行きは下りだが帰りは山道。でもバスが国じゅうをひんぱんにぐるぐる回っているのでさほど問題なし。 タクシーは基本、道路でつかまえられないのでどこかで呼んでもらうことになります。メーターもなくほとんど言い値というノリと、だいたいの基準は初乗り的な金額だと10~15ユーロと決まっている感じですがこの国でタクシーを使う人は基本金持ちといった乗り物だと割り切りましょう。だいたい国土が狭いのであまり需要もないのでは? バスが1ユーロでほとんどの場所にいけるためこちらがおすすめ。ちなみに坂道じゃない道は海っぺりの道くらいです。