maltiman.com
PDF直リンクというのはもうやめよう | 山口良介のブログ
PDFをアップして直リンクって よく、WEBページを見ているとPDFがリンクで貼付けてアップされていることがありまする。 しかも、PDFを見ないと結局コンテンツまたはドキュメントの中身がよくわからないという場合がありまする。 これは、印刷物やドキュメントが先行して作られ、それをWEBページに作り直すのに、 手間がかかるから、もしくは、一刻も早くアップしなければならないかのどちらかだと思います。 前者は官公庁によく見られ、後者はIR情報などによく見られます。 別にPDFというフォーマットが悪い訳ではないのです。 PDFファイルしかないとシェア出来ない PDF直リンクしたURLをシェアしても、PDFファイルのシェアにしかならないのです。そうするとPDFの中身は結局AdobeのReaderでしか見えない(もしくはそれに準拠するソフトウェアでしか見えない)ので、サマリーなどがタイムラインには表示されないのです。 例えば、何かの催しの案内のWEBページがあって、「○●が開催されます!詳しくはこちら>>PDF直リンク」みたいな場合、情報はなんら共有されないということです。 いっときFlashが駆逐された理由に、Flashという技術がプレイヤーなしには再生出来ず、開かれたテクノロジー(オープンソース)ではないという点が大きかったと記憶に有ります(決してAppleがiPadやiPhoneに搭載しなかったからではないでしょう)。テキストエディタだけで構築は出来ず、オーサリング環境も特定なソフトウェアが必要だったので、WEBという特性に合わないのです。 やはり、HTML5や、JavaScriptといったオープンなフォーマットで動的表現をした方がイイという方向になったのが、ここ数年間の流れです。 もちろんPDFの良い点はたくさんあります レイアウトやデザインを崩さずに誰でも同じ環境で見られるし、画像なども奇麗に圧縮されて配置することができる。 ただし、Adobe社のフォーマットに準じて作成されます。 もともとは印刷物のデータを圧縮しやすく、誰にでも閲覧できるフォーマットとして開発されたので仕方ないのです。