maltiman.com
「小さなチーム、大きな仕事」のBasecampを使ってみた | 山口良介のブログ
独立してから、ネットを駆使して仕事しよう(今更)と思い仕事とチームの管理ツールを探していました。 私のイメージとしては リモートで仕事仲間で進行管理 タスクとスケジュールが管理できる プロジェクトワークを管理しやすい ディスカッションできる ファイル共有が出来る 比較的簡単でシンプルに使える といった要件で探していたところ、幾つか候補があって、試しに使ってみて、気に入ったのが Basecamp でした。 トップ画面はやけにカジュアルな感じですが、基本はビジネスタスクツールです。いや、リモートチームツールとでも言いましょうか。 ちょっと有名なこの本を書いている会社が作っているプロダクツです。 「小さなチーム、大きな仕事」 運営は、37signalsという会社でしたが、Basecampと会社名を変更しております。 面白い本なので興味が有れば読んでみてください。 かの有名な、Ruby on Rails を作った会社でもあります。 そっちの方が有名ですかね。 まあ、それに魅かれてというわけでもないですが、 世界で5000社以上に使われております。 ↓アイコンデザインも結構好きです。 英語サービスですがそんなに難しいことは書いてないので、まずやりはじめてみます。 たぶん出来る事の半分くらいの機能しか使っていないのではないかと思いますが、 基本は、 Peojectを作る このプロジェクト数によって有料かどうか決まる。 ↓ ToDoを登録する 大項目とそれにリストとして紐づく項目を登録できる。 ↓ ToDoに「誰」に「いつまで」かを登録する それぞれのToDoに対してコメントやファイルをアップロードできます また、ToDoに紐づけないで、ただコメントをして、ディスカッションすることも可能です。 ちょっとプロジェクトから関係ないことなどを、「これってどう思う?」的なイメージでしょうか? リレキノもこのツールを使って情報共有しながらリモートで作っております。 他と比べてBasecampが気に入った点は、 ToDo管理がメインで分かりやすい 期限がカレンダーに反映される GoogleDocsが貼り付けられる もちろん、同様のサービスはたくさんあります。 有名な所では、 サイボウズ