maltiman.com
人にはそれぞれ物語がある…「STORYS.JP」を使ってみた | 山口良介のブログ
事実は小説より奇なりなWEBサービス「ストーリーズ」 サービスネームからイメージしやすく、分かりやすいのは良い点です。 自分の歩みをストーリーとして共有するWEBサービスというと、 弊社で開発しているrelekinoと似ている!と思うかもしれませんが、リレキノはやってきたコトをひとつの単位として共有するので、もう少し気軽なイメージです。 って、まだリレキノは出来てないのでデカイ口たたくなといった感じですが。 STORYS.JPをやるには結構文章力が必要な気がします。 ただ、それを補う機能として、LINEのような表記で会話のやりとりを現すことが出来ますし、画像なども入れられるので、ストーリー演出機能は良い点として挙げられます。 UIもまず、ストーリーを書いてもらおうっ!て感じになっていますね。 そして、次回(続き)を登録させて書く人のモチベーションをアップさせるような機能も有ります。 連載でもいいですし、読み切りワンポストで書くこともできます。 maltimanのストーリーズです ちなみに自分好きな私はMacに出会った時のエピソードをこちらにまとめております。 私はこまかく区切ってアップする連載形式でやってみました。が、 ただ、後で気づいたのですが、長くてもひとつでがーっと読み切りで書いた方がウケるようです。 何気に書きかけで忘れてた第16話がありましたね…。 実際に使っていて、思った点は前回書いたものを見ながら書くことが出来ないなーというトコが気になりました。 特に連載的に書いているとちょいちょい前回の内容を見直したくなるのです。まあ、ほとんどの方は自分の慣れているエディタで下書きしてから、 STORYS.JPでいろいろ直して行くようなイメージでしょうかね? この辺りは人によるとは思います。 なかなか良いストーリーがある それと他の方のを読んでいると結構ホロっと来るような話もあり、なかなかいいもんです。 これとか。 「あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。」 ちなみに一応お知り合いのアイスマン福留さんのエピソードとか。