maltiman.com
After Effects CC/CS6 スーパーテクニック・リリース!!! | 山口良介のブログ
After Effects CC/CS6 スーパーテクニック(DVD-ROM付) という本を出版させていただきました 映像制作には欠かせないソフトとなったAfterEffects(以下AE)の初中級者向けのいわば「専門書」なので、 このエントリーも普段と変わって専門的なことになります。 購入はこちら→ まずは、チュートリアルパートを月足直人さま、 テクニックパートを糸曽賢志さまにお願いしました。二人とも珍しい名前でペンネーム感がありますが、本名です…。 私一人で脱稿できる自信がなく、それぞれが得意なパートでの作業分担です。 結果としては、チャンポンな本の感じになっております。それはそれで良いということで。 また、素材を全て収録するというのも企画にあったので、 そちらの用意が各著者自前で出来る、というのも、ポイントでした。 今回は、AdobeがちょうどCSからCCへの移行期と重なり、 企画がスタートしたのは去年の春くらいという寝かせっぷりになってしまいました。 CCのバージョンアップとして、Cinema 4D 関連が一番ホットだったのですが、 CS6ユーザーもまだまだ多いということで、互換性は意識せざるを得ませんでした。 また、Cinema4Dも現バージョンの時点では、内包しているとは言えず、 内部から外部呼び出し系プラグインという状態ではあります。 今後のバージョンアップで内包されていくことは間違いないでしょう。 それぞれの機能をきちんと説明するとなると、リアル書籍ゆえ、いくらページがあっても足りないのですが、 ぼくが書いたパートだけざっと説明します。 PART2は、AEだけで生成できるアニメーションの解説 AEは、素材の準備が結構大変でしょ、というのはオリジナリティの高いアニメーションでは言える事ですが、汎用性の高い文字や、プリミティブなオブジェクトは自前で生成できます。この方が管理も編集も楽なのは言わずもがなです。 また、CS6では「押し出し」が非常に充実してきております。これに関してはそこそこモデリングできるのですが、AEはどういうわけか描画が非常に遅く、GPUをフル活用した3Dソフトのようにグリグリ動かないのです。