maltiman.com
個人的に消費税は早々に上げるべきだと思っている、2011はもう終わりのごとく随筆。 | 山口良介のブログ
ガラケーが終わりを告げてつつましやかな春が訪れるのを待つ日々もつかの間。 2011が終わろうとしております。 しばしエントリーしなかったので思いはトビトビになりますが、しばしおつきあいを。 思えば大震災に始まり、電力不足と放射能におびえて2011もあとわずかですね。 表題はどういうことかというと、もう待ったなしということです。 未来というのは常に先にあり、継続を意味しています。 時に過去は重要ですが常に未来から希望と「つぎ」が作られていることを考えると、 こういった内容のエントリーにならざるを得ないのでありんす。 これ以上問題を未来に先送りにしても、解決するのは結局未来の人々なのです。正直勉強不足でTPPはよくわからんのであまり言及しないようにしますが、財政破綻に関しては、目前に迫っております。 これまでの考えはきっぱり絶縁しなければなりません。わたしのいうことは極論かもしれませんが、そんなに的を外してもないと思っています。 まず。 経済を立て直すには増税以外ありません。つまり一刻も早く増税することが国の破綻を回避するのに最も有効だということです。 財源はありません。企業の増収は見込めません。人口も増えません。なので、収入を増やすには増税が必須です。 つぎに。 右肩上がりの経済はもうありえません(日本では)。仮に数字だけがてきとうに上がっていっても実質的な幸福は訪れません。 企業は右肩上がり病から抜け出さなくてはなりません。これは負け犬の遠吠えではありません。どんなに今儲かっている企業でも従業員の幸せは確実に蝕まれているからです。 未来は若者達が作る。 ことは間違いありません。滅び行く者は未来を作らず、過去にすがってばかりです。早急に眼を開いて現実を見直してください。老人が革命を起こしたコトはいままでありません。革命はいつの時代も若者から生まれます。我々ができるのは、革命を見届けるコトだけです。 テクノロジーは未来を変えてきましたが、テクノロジーの進歩より病状が悪化する方が早いのがやっかいなのです。 何もできずにもがいているコトほど歯がゆい事はありません。 残念ですが良いことは全て緩慢なのです。情報ばっかり早く進んでもそれを処理する力はあまりにも弱すぎる。遅すぎるのです。