maltiman.com
デザインとは何かと言われたら | 山口良介のブログ
グラフィックデザインを手がける身として、デザインとは何かと問われたら、わたしは、一言でいって「バランスをとること」だと思ってます。 グラフィックデザインとはバランスを突き詰める作業であり、他の「デザイン」と言われる創造作業にも共通点があると思う。 ときにはアンバランスというバランスをとることもあり、ひとえにバランスといっても、ただ整理整頓するのではない。 この「アンバランスをとる」作業は、絵心というちょっと難しい領域に入ってくるように思える。(絵はヘタクソだが絵心がある、という人は結構多い。) 理論的に制御する事もできるが、気持ちいい場所(納まりのいい場所)というのもあり、位置や色を決めるのに気持ちの問題も大きかったりする。 文字や写真などの居心地のいい場所とでもいうのでしょうか? 結局多くのひとが気持ちいいと思うレイアウト、配色、配分などをつきつめて、多くの要素のバランスをとっていくのがデザインという仕事ではないかと思っていマス。