livesjapan.com
デザイナーご夫妻が設計した「シンプル×ノスタルジー」な空間
東京府中市 志水邸 大きな窓から光が注ぐ伸びやかな角部屋。インテリアデザイナーの志水陽子さんご夫妻が暮らすのは、「シンプル×ノスタルジー」をテーマに自身の設計でリノベーションした築19年のマンションだ。 「コンクリート素材を生かしつつ木の温かみも取り入れたくて、既存の窓の内側にアンティークの木製サッシを取り付けたりカウンターに足場板を使ったりと、素材や建具を吟味しました。床材の質にもこだわり、リビングは表情豊かなオーク材フローリングに一新しています。いっぽうでキッチンは、昔の台所の土間をイメージしたモルタル仕上げに。ワンルームの空間が切り替わり、好きな植物を置いてラフに水やりできるところも気