katsukinoboru.jp
成熟社会で持続性あるサービスを提供したい | katsukinoboru.jp
新年あけましておめでとうございます。 今年も年賀状は出していないのでブログでご挨拶です。ISSHIKIは、本日より営業開始しております。本年もよろしくお願いします。 昨年書いたとおり、3が日は仕事をせずと決めていましたが、昨年、一昨年と長男長女の大学受験に続き、今年は次男が高校受験で臨戦態勢(にしないとやばい)ということもあり、小学生の娘だけ連れて福岡に帰省しました。短い日程でしたが、父も母も元気なので慌ただしくもゆったりと正月を過ごせました。 昨年、そのまだまだ元気な父が、車検が切れるのを期に潔く車を手放すと決めたため、はじめて空港でレンタカーを借りてみました。いつもなら迎えに来た父の車で空港から郊外にある実家に直行ですが、せっかくなのでと、迎えにきていた両親とともに久々に福岡市内を車で巡ってみました。ちなみに私自身の帰省の思い出といえば、両親とも市内に実家があったため、休みになったら車で福岡市内に向かうというものです。 久々に市内を巡って実家に戻ってみて といっても福岡を出たのが平成元年。東京に出てきてからも四半世紀は経っていて、またここ数年は全国各地回っていますが、右肩上がりを感じる数少ない街の様子に考えるところも多い帰省となりました。 いまの実家は高度経済成長期の末期に、福岡と北九州の中間点に作られた「ベッドタウン」にあります。当時、公団に勤めていた祖父が開発に携わったという経緯もあって、ここに住むことになったようなのですが、今回母から改めて当時の祖父が「ここに2万人の街ができるんだ」と語っていたという話を聞きました。 いまや2万人どころか半分の1万人ちょっとの人口で、東京でいう多摩ニュータウンのような様相になっている地元と、さらに発展している福岡市内やその近郊の様子を同時にみて、30年で変わったなぁと感慨深く、一方で社会変革の先行きに、どう対応していけばよいのか、そのヒントを得られたように思います。 社会変革に対応していくこと