jcp-tokyo.net
【都卸売市場審議会】 尾崎あや子都議が指摘 "公正な市場取引に疑問" | 日本共産党東京都委員会
東京都卸売市場審議会が5日開かれ、都は12月の都議会定例会に提出予定の中央卸売市場改定の概要について報告しました。 条例改定は、民営化促進に向けた規制緩和を内容とする国の卸売市場法改悪に伴い、全国で検討されているもの。 条例の内容は自治体の判断にゆだねられており、従来通りの条例を基本的に維持する自治体や、改悪法に沿うものなど対応が分かれています。