jcp-tokyo.net
教員の長時間労働考える集会/吉良よし子参院議員らも参加 | 日本共産党東京都委員会
変形時間制 教育危うく 教員の長時間労働について考える集会が8日、東京都内で開かれました。 現役教員や過労死した教員の家族、学者・研究者から、政府がねらう1年単位の変形労働時間制の導入を批判する意見が相次ぎました。 集会を呼びかけた一人、現職教員の男性は「業務量を減らすか、業務量に見合う定員にして、8時間で帰れる職場にしてほしい」とあいさつ。