jcp-tokyo.net
暮らせる最賃実現へ 全国一律、参院選でも争点に | 日本共産党東京都委員会
 貧困と格差の拡大や、地方経済の疲弊など自民党政治の矛盾が広がる中で、賃金の底支え、最低生活保障となる最低賃金引き上げによる経済効果が注目されています。安心できる暮らしの実現が争点になっている参院選(21日投票)でも、全国一律最賃制の実現と1500円への段階的引き上げを目指す共産党への期待が高まります。 (内田惠子) 賃上げが経済の活性化促す