jcp-tokyo.net
笠井亮政策委員長が街頭演説 "頼れる年金へ一票を" | 日本共産党東京都委員会
日本共産党の笠井亮政策委員長・衆院議員は5日、文京区、荒川区で街頭演説し、安倍自公政権による年金7兆円削減を告発し、「共産党と東京選挙区の吉良よし子候補の勝利で、減らない年金を実現し、暮らしに希望のある新しい政治をつくろう」と訴えました。 笠井政策委員長は安倍政権のマクロ経済スライド」により、国民年金では40歳以下の場合、満額で月額6万5000円が4万5000円に減らされると指摘。