jcp-tokyo.net
【参院内閣委】田村智子議員 保育園工事めぐり実効性ある石綿対策迫る | 日本共産党東京都委員会
長野県の私立保育園で園児や職員の在園中にアスベスト(石綿)の飛散が疑われる工事が昨年12月に行われた問題をめぐり、日本共産党の田村智子議員は4日の参院内閣委員会で、実効性のあるアスベスト対策を政府に求めました。 田村議員は、保育園など子どもに関連する施設でのアスベスト被害が何度も社会問題になり、国会で追及されてきたと指摘。 「なぜ繰り返されるのか」と迫りました。