jcp-tokyo.net
【参院 連合審査】"保育の質落とすもの" 田村議員 待機児童対策名目の規制緩和を批判 | 日本共産党東京都委員会
日本共産党の田村智子議員は25日の参院内閣委員会などの連合審査で、待機児童対策を名目に大阪府・大阪市の提案で4月から実施された規制緩和は、保育の質を掘り崩すものだと批判しました。 田村議員がとりあげたのは、国家戦略特区制度を用いた「地方裁量型認可化移行施設」。認可外保育所が認可へ移行するのを財政支援するのが建前ですが、認可保育所が保育士数を減らすなどして認可外に移行する場合も対象となっています。