jcp-tokyo.net
【参院予算委】医師の時間外労働 過労死水準の2倍/山添拓議員 厚労省の提案を批判 | 日本共産党東京都委員会
日本共産党の山添拓議員は15日の参院予算委員会で、地域医療に従事する医師らの時間外労働の上限に関する厚生労働省の提案について、「規制の体をなしておらず、途方もない長時間労働にお墨付きを与えるものだ」と批判しました。 厚労省案は、2024年度から一般的な医療機関の医師は「原則月100時間未満、年960時間以内」とする一方、地域医療を担う医師の場合は「特例水準」を設けて「年1860時間」とするもの。