jcp-tokyo.net
都立病院 独法化 検討の課題に根拠なし 共産党 白石都議に聞く | 日本共産党東京都委員会
 東京都は今年3月に発表した「都立病院新改革実行プラン2018」に基づき、現在8ある都立病院の経営形態について、採算を重視する地方独立行政法人化(独法化)を含め、経営形態のあり方を検討しています。都民からは「採算性の低い公的医療の切り捨てや患者の負担増が広がる」として、直営堅持を求める声が上がっています。都立病院が独法化することで、東京の医療はどうなるのか─。都議会厚生委員会(11月)で、この問題