jcp-tokyo.net
【建設国保への補助】日本共産党国会議員団 2省に維持求める | 日本共産党東京都委員会
日本共産党国会議員団は5日、建設従事者の命と健康を支える「建設国保」に対する国庫補助について、建設国保組合の要求に応えて、医療費の伸びを勘案し、現行の水準を維持するよう、財務、厚生労働の両省に申し入れました。 建設国保組合を運営する全国建設労働組合総連合(全建総連)の要請に応えて行ったものです。 参加したのは、笠井亮、畑野君枝、宮本徹の各衆院議員と大門実紀史、山添拓、倉林明子の各参院議員です。