jcp-tokyo.net
【参院国土交通委】「ダム偏重防災やめよ」山添拓議員/耐越水堤防など河川事業重視への転換を | 日本共産党東京都委員会
山添拓参院議員は20日の参議院国土交通委員会で、西日本豪雨などを踏まえた防災・減災対策を求めました。 岡山県倉敷市真備町では、異常豪雨で堤防の高さを超える越流水が堤防の外側を侵食したことが原因で小田川が決壊し、死者51人、4600戸が浸水する被害が発生しました。 山添議員は「堤防が決壊しなければ、あるいは決壊がもう少し遅ければ、被害はずいぶん小さくなったはずだ」と指摘。