jcp-tokyo.net
【共産党議員団】情報隠し東電に抗議/福島第1原発汚染水で聞き取り | 日本共産党東京都委員会
日本共産党国会議員団福島チームは3日、東京電力福島第1原発の多核種除去設備(アルプス)で処理した汚染水の処分方法をめぐる公聴会の結果や、約8割にあたる約75万トンの処理水にトリチウム(3重水素)以外の放射性物質が国の放出基準(告示濃度限度)を超えて残っている問題で、経済産業省、東電、原子力規制委員会から説明を受けました。 議員団は冒頭、汚染水の情報を隠蔽してきた東電と国に抗議しました。