jcp-tokyo.net
【衆院経済産業委】「原子炉停止・総点検を】笠井亮衆院議員、玄海原発蒸気漏れで提起 | 日本共産党東京都委員会
日本共産党の笠井亮議員は18日の衆院経済産業委員会で、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)3号機の配管からの蒸気漏れについて、重大事故につながりかねないとし、原子炉の停止と総点検を求めました。 笠井議員は、3月30日の蒸気漏れは再稼働のわずか7日後で、地元自治体への連絡も遅れ、住民や首長から怒りと不安の声があがっていると紹介。