iri-net.org
Library of the Year 2018 優秀賞・ライブラリアンシップ賞決定&授賞理由について
LoY2018選考委員および外部推薦で寄せられた29施設・団体・サービスの中から第1次選考会、第2次選考会を経て、次の4機関がLoY2018優秀賞、1機関がライブラリアンシップ賞を受賞しました。 一次選考会の結果はこちら 一次選考通過機関の評価内容はこちら LoY2018優秀賞 従来の図書館イメージを覆す図書館サービスを提供し、これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関を評価するものです。 (以下、順不同) LoY2018優秀賞:「当たり前」の実践としての「ぶどうとワイン」という地域資源の開拓と活用 受賞機関:甲州市立勝沼図書館 授賞理由詳細 開館以来20年以上、「当たり前」のこととして、地域の歴史・文化・産業、つまりは「生活」そのものである「ぶどうとワイン」に関する資料収集に始まり(現在日本屈指の3万点)、地域資源としての「ぶどうとワイン」に焦点をあてた地域研究を一貫して実践してきている。 土壌の研究や日本にワイン醸造をもたらした勝沼の先人たちの足跡調査や資料調査等、地域における自主的な「まなび」の実践に基づく「ぶどうとワインの資料展」を毎年実施している点、いうなればその地域だからこその知識の醸成に資している点を評価した。 一連の取り組みは課題解決支援や農業支援という言葉が登場する以前から、当地における「当たり前」の実践としてなされていることも申し添えておきたい。 LoY2018優秀賞:活用を重視した「記憶を育てるアーカイブ」がアーカイブ・図書館の本質を問う 受賞機関:3.11オモイデアーカイブ 授賞理由詳細 東日本大震災後の市民による地域アーカイブ活動。津波被災で失われた仙台沿岸地域のくらしの記録を、市民自らが"アーキビスト"となり"ユーザー"となって発掘し、人びとの記憶を引出し、共有し、育んでいる。このため、地域の人びとにとっては「ジブンゴト」であり、訪れる人にとっては自らのコミュニティの意味を省みさせるかかわりしろがあり、後に発災した熊本地震の地域アーカイブ活動にもつながった。 記録の「活用」を重視することで、単にデジタル化した記録を蓄積公開することにとどまるのでなく、地域の知や価値の継承・創造的循環を可視化しているといえ、図書館やアーカイブの原点、本質を表す活動となっている。