iri-net.org
Library of the Year2018 選考委員長と受賞機関のコメントを掲載いたします。
■選考委員長コメント 「LoY2018を終えて」 選考委員長 山崎博樹 今回で13回目となったLoY2018は、10月30日開催された最終選考会をもって終了しました。日本の図書館等が進むべきいくつか道を示してくれた受賞5機関に、賛辞を贈ります。 今年度も4月の当会の理事会で選考委員長が決定し、選考委員長が選考委員を選出することからスタートしましたが、定例理事会では選考の効率化、審査員の選出等で長時間の討議を行われ、そのことを踏まえて事業を行うこととなりました。 今年度の選考委員は、昨年に比べて4名減で11名となりましたが、新規に2名の選考委員を加え、公立図書館、学校図書館、専門図書館、大学図書館、図書館外関係者とバランスと役割を考えて構成しました。協賛企業は、賛助金、大賞・ライブラリアンシップ賞の景品を提供いただいた富士通システムズアプリケーション&サポート、キハラ株式会社、木製トロフィーを提供いただいた内田洋行株式会社の3企業に協力をいただけました。さらに全国のみなさまの協力によるクラウドファンディングもおかげさまで目標額を達成いたしました。協力していただいた皆様に感謝申し上げます。 今年度の一次選考は、29機関が推薦されました。すべてが素晴らしい図書館関連サービスを実践している機関ばかりでした。今年度から一次選考は数値化して選考する方式を試みましたが、今後もいろいろと考えていく必要があると思っています。結果、二次選考には11機関が選ばれましたが、今年度も、素晴らしい図書館活動を行っている機関が選ばれたと感じます。 二次選考会は一般公開で行われていますが、毎年のことながら11機関から優秀賞対象機関を選ぶことは大変難しいことです。今年も真剣な議論が行われたと思っています。