iri-net.org
アーカイブ構築と運用に関するセミナー
このフォーラムは終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。 セミナーの様子を公開しました。(2012/12/13) 開催趣旨 NPO知的資源イニシアティブ(代表理事:杉本重雄筑波大学教授、以下IRIと略)では、日本の知的資源の発掘・蓄積・活用に関わる啓発・普及事業に設立以来取り組み、そのうちのひとつであるライブラリー・オブ・ザ・イヤー(略称LoY)は、関係者の評価も得て、社会的な認知も定着しています*。このたびIRIは、こうした活動の一環として、社会的関心が高まっているデジタルアーカイブの構築に関わる入門セミナーを開催することにいたしました。 近年、国レベルでも総務省が「知のデジタルアーカイブ」構想を提起するなど、地域資料や地域の文化資源、自治体の記録などを収集・蓄積(アーカイブ化)し、後世に伝えるだけでなく、まちおこしや教育・産業等の情報資源として活用しようとする動きが急速に高まっています。2011年LoY大賞を受賞した町立図書館のある小布施町は、こうした地域の文化資源を活用してまちおこしに成功した例として広く知られています。しかし、多くの自治体では、地域文化資源活用の基盤となる(デジタル)アーカイブを、どのように構築し、利用したらいいのか、暗中模索の状態にあるのではないでしょうか。 そこで、もともと図書館、ミュージアム、資料館等に属する専門家が中心メンバーであるIRIが、図書館資源を利用した産業振興に実績のあるビジネス支援図書館推進協議会の協力を得て、主に自治体の政策担当者や議員、町おこしに関心のある民間団体、実際に実務を担当する図書館員・資料館職員などを対象に専門セミナーを企画し、各地域におけるアーカイブまたはデジタルアーカイブの構築に貢献したいと考えて開催する運びとなりました。 開催要項(PDF 96KB) 開催日時 2012年10月29日(月)午後1時30分~6時45分 会場 千代田区立日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール) (東京都千代田区日比谷公園1番4号) アクセス 東京メトロ 丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C4・B2出口より徒歩約5分 都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分 東京メトロ 千代田線・日比谷線「日比谷駅」A14出口より徒歩約7分 JR 「新橋駅」 日比谷口より 徒歩約12分