headcoveringmovement.com
女性の結婚指輪は、祈りのベールの代わりになり得る?? | The Head Covering Movement
被り物に関し「文化的解釈」を採っておられる方々からしばし出される意見とは次のようなものです。 「ベールというのは、現在の西洋文化においては何ら意味を持っていません。ですから私たち信仰者は、このシンボルを、より今日性を持つなにかに置き換えることによって、原則を保持できるのではないかと思います。」そして、その置き換え物として最も頻繁に提案されるのが、女性の結婚指輪です。 その一例を挙げましょう。ロイ・B・ザック博士は、著書 『Basic Bible Interpretation(基本的な聖書解釈)』の中で、次のような提案をしています。 「今日の女性たちは、教会で頭にショールを被る必要があるのでしょうか?いいえ、その必要はありません。なぜなら、当時のギリシャ・ローマ世界における女性のショール文化の重要性は、現代の私たちの文化にあってはもはやその効力をもっていないからです。つまり、ベールをかぶるという行為は、かつてのようにシンボリズムの意味をもはや付帯していないわけです。 しかし現代文化の文脈の中でそれに従い、それを表現するような原則は存在するのでしょうか。妻の夫に対する従属(劣等ではありません!)の原則は今もってその効力を失っていません。なぜなら、この真理は聖書の中の他の箇所でも言及されてあるからです。 ある人々が提案している、可能性として考えられる現代文化的パラレルは何かというと、それは妻の結婚指輪(そして苗字を夫の姓に変えること)です。これは、彼女が結婚しており、それゆえ、夫の権威の下にあることを示すものです。」1) Zuck, Roy B.. (1991)., Basic Bible Interpretation: A Practical Guide to Discovering Biblical Truth (p. 97). Colorado Springs, CO: David C. Cook. 私はこういったシンボルの置き換えを受容しませんが、そこには根本的な理由があります。それは一言でいいますと、私たち人間には、神が聖書でお命じになっている内容を変更する権威は与えられていないからです。 主の民として、私たちの責務は、主が命じておられることを受け入れ、それを実践することであって、それをモダナイズしたり、アップデートしたりすることではありません。この事についてはこの記事にすでに詳説し、こういった聖書解釈がいかにその他の聖書のシンボル(バプテスマや聖餐)をないがしろにする結果をもたらしているのかを示しました。本記事において、私は、「結婚指輪」のことに焦点を絞り、なぜそれが被り物の代替品として適当でないのかということをみなさんとご一緒に考えていけたらと思います。以下、その5つの理由を挙げます。 理由その1.結婚指輪は、1世紀にも存在していました(Wedding rings were practiced in the first century too) 結婚指輪というのは、現代の考案品ではなく、1世紀のギリシャ・ローマ文化にも存在していた制度でした。例えば、AD200年頃、初代キリスト教著述家であるテルトゥリアヌスは、いかに前の世代の人々が「慎み深さと貞節のために規定を設けていたか?そう、女性たちは、指にはめる結婚指輪はもちろんのこと、自分の身になんら金製品をつけなくなっていたのだ。」と述べています。 2) Tertullian: The Apology, translated by Wm. Reeve, (1709 reprinted 1889). Tertullian.org. … Read more