flyingwriters.live
PANAM
フライングライターズというユニットは、計画性のない旅のように、ある日突然生まれた。 今やってる海外取材のアポイントメントが、どうしたわけか数ヶ月経っても決まらなかったことがその発端だった。 似たようなことがこれまでにもあった、とノンフィクションライターにして今やフライングライターの近藤さんが話していた。なんか今さらっと言ってみたけど、職業名にするにはもはやあまりにフライングすぎる。まだ仕事も始まっていないのだ。 「英語のアポイントメントや、現地での動きの打ち合わせなどは、ある程度の英語のコミュニケーション慣れが必要だ。慣れがないとここに時間がかかる上、取材も充実しない。これまで海外取材を