bows-design.com
樹脂粘土クラフト「宇宙人…第二号…失敗」 | 神戸のデザイン事務所bow's Design(ボウズデザイン)
さて、前回は紙粘土を使って宇宙人を作ってみました。 紙粘土クラフト「宇宙人…失敗」 体型の表現などは納得のいく形に仕上がったのですが、手や足の細くなる部分、細かな表現が上手くいかず失敗に終わりました。手や足は取ってつけたような仕上がりになったのです。。。これは消化不良。紙粘土が持つ性質上、細かな表現は難しい、と判断しました。ということで、樹脂粘土を使って再度、宇宙人クラフトに挑戦してみました。 出オチ、といいますか、これも失敗に終わりました。針金で骨格を作り、骨組みに少しずつ肉付けを行なっていきました。乾いたら、その上にまた粘土を足していきながら、形を作っていたのですが、紙粘土を扱う感覚で進めていたら、また性質が違って少々やりづらかったです。非常に伸びがよく、柔軟で体型をうまく表現しながら進めることができない。どこかで似た感覚のものを触ったことがある、と思い出したのが、ハイチュウだった。ハイチュウ、美味しいですよね。何味が好き?? 腕の形、足の形などを形作りながら進めるも、上手いこといかず。。。自分の不器用さ、からくるものなのでしょう。結局ストンとした棒のような腕や足となり、デザインカッターやカッターを使いながら切削していくわけですが、切り跡がだあいぶん残る。隠そうと粘土を突き出して伸ばしたりしてみるも、はがれるだのして、大変難儀しました。。。 いくつか種類のある中から、この樹脂粘土を選んでやってみたのですが、僕が思い描いていた理想には程遠かった。。。金型を作って、そこに粘土をつめてパーツを作っていき、それらのパーツを組み合わせることによって完成させるみたいな。あるいは、丸や三角といったシンプルな形で構成されているものを作る際は向いているのかな、と思ったわけです。丸、三角といったシンプルな構成でデザインしているキャラクターもいますので、少し粘土が余っていますから、また機会があったら挑戦したいと思っているわけです。 失敗といえど、少々愛着がわいてくるものです。前回の宇宙人と一緒に撮影してみました。なんか、ちょっと...格好いいですよね(いやいや。。。)さて、次は石粉何度で挑戦してみたいと思います。 今日の作業用BGM Myth / Alan Ellis