bell-h.jp
豊かにすみ継がれていく美しい家 | 鹿児島のハウスメーカー【ベルハウジング】
夕暮れ時、窓からこぼれる柔らかな灯りに水平と垂直のラインが際立つU邸。木格子と大きなひさしが建物に陰影を与え、奥行きを感じさせる。思わず目を奪われる端正なデザインは、ベルハウジングの注文住宅「Be‐WILL(ビーウィル)」の家。『じぶんいろ』を持つ人の人生を彩る家づくりをテーマに、家族みんなが長く愛せる家を建築家と一緒に作り上げるのが特徴のブランドだ。 ご主人が生まれ育った地元で子育てをしたいと家づくりを決意したUさんご夫婦。複数のビルダーを検討した結果、ご夫婦ともに惚れ込んだのがベルハウジングだった。 「デザイン性と機能性の高さを両立しているのが決め手になりました」と奥様。また、ご主人の心をつかんだのが一級建築士・松田社長のプラン。 「初回で理想のプランが上がってきて、ココしかないと思いました」と振り返る。 当初は別の土地で設計を進めていたものの、現在地への変更を打診したところ、より良いプランを提案してくれたのも信頼を深める契機となった。 美しさと居心地のよさ、子育てしやすさをかなえる 玄関を入ると、心地いい木の香りがお出迎え。杉框(かまち)を上がり、格子戸を開け、廊下を進むと、和趣あふれる中庭が左手に広がる。 縁側のようなウッドデッキは家の中と外をつなぐ中間域。長い庇(ひさし)があるから雨が降る日も窓を開けて、雨音や木の香りをのんびりと楽しむことができる。 あえて天井高を抑えた廊下を抜ければ、伸びやかな吹き抜けのあるLDKにつながる。 フラットな和室と一体化したリビングは、家族や親しい仲間が憩う場所。 「ウッドデッキまで開放的に使えるので、約人が集まったこともあります」とご主人。 リビング階段に腰掛けて中庭を眺めたり、ソファに体を預けながら会話を楽しんだりと、思い思いに過ごせる居場所が散りばめられた懐の深い空間だ。 こうした居心地のよさに加えて子育てにも配慮がなされている。 キッチンの隣 に設えたカウンターは、2人の子どもが遊び、学ぶスペース。 1階と2階は吹き抜けでつながっているから、家族の気配を常に感じることもできる。 住み継がれる家が地域の未来を照らす