296house.com
100円ショップのLED電球はお買い得!
シェアハウスだけでなく、多くの家庭で当たり前に使われている電球。 「普通の電球をLED電球に変えると、なかなか切れなくなるし、電気代が安くなる」 その事は、知っている方も多いと思います。 実際に、白熱電球の寿命が1,000~2,000時間程度なのに対し、LED電球の寿命は4万時間程度と20倍~40倍も長持ち。 電気代も一般家庭の利用方法で、電球1個あたり、年間で3,500円程度お得になるとされています。 ※出典:LED照明(電球・蛍光灯)のメリット・デメリットって?(エネチェンジ) 特にシェアハウスだと、帰宅時間がバラバラなので、玄関の外灯はつけっぱなしにしがち。 いつ帰宅するかわからないため、気軽に消すことも出来ないので、そのまま翌日の日中もつけっぱなしになっていることがしばしばあります。 また、人数の多いシェアハウスだと、外灯だけでなく風呂場やトイレなどもつけっぱなしにしがちです。 そのため、LED電球に変えることで、電気代の負担を大幅に下げることが可能です。 「でも、LED電球ってお高いんでしょ?」 という方も多いかと思います。 以前より普及が進み、安くなったとはいえ、最も一般的なE26口金(差し込み口)で60W相当のタイプで、一流メーカーのものは1,500円~2,000円、安価なものでも800円程度します。 これだと、2個100円程度で店頭に並んでいることもある電球と比べるとかなりお高い印象を受けます。 「いくら長持ちするといっても、普通の電球もそこそこ持つし。。」 そんなあなたに、100円ショップで販売されているLED電球がおすすめです! 100円ショップ最大手のダイソーで売られているLED電球がこちらです。 さすがに100円とはいきませんが、60W相当なら400円、40W相当ならなんと300円という安さ。 色も電球タイプのオレンジ色と、蛍光灯のような白色の2タイプあり、好みによって選ぶことができます。 ちなみに開けるとこんな感じ。 実際に60Wをリバ邸大宮やリバ邸越谷で多用していますが、肝心の明るさはまったく問題なく、広配光タイプなので、昔のLEDによくあった明るさが一点に集中して部屋に暗い場所ができる、といったこともありません。