296house.com
契約書はただの紙切れじゃない!
よく、「ルームシェアでトラブルがおきて解散した!」「仲間内で始めたシェアハウスがうまくいかない」といった話を、シェアハウス界隈だとよく聞きます。 理由は色々とあるのですが、失敗しているルームシェアやシェアハウスでよくあるのが、契約書を適当に作っていたり、もしくはA4用紙1枚などの簡易的なものにしている、もしくはそもそも契約書がなく口頭の確認のみといったパターンです。 これを聞いて、 「口頭でも賃貸の契約は成立するんだぜ!」 みたいなドヤ顔をしている人もいるかもしれません。 確かに、賃貸借(物件の賃貸を借りてシェアしている場合は転貸借)契約は、法律上は口頭でも成立します。 「お前に貸す!(借りる!)」 で成立自体はします。 しかし、ルームシェアやシェアハウスはトラブルがつきもの。 掃除をしない、決められたルールを守らない、家賃を払わない、退去日になっても出て行かない、要らない荷物を置き去りにする等など、問題のある人による色々なトラブルが考えられます。 そんな時、もし簡単な契約書だったらどうでしょうか。 細かい記載がない場合、問題のある側に有利な状況になってしまうことも考えられます。 「人の善意を信じているから大丈夫!」 という人もいますが、そんな信頼関係のある大切な仲間である住民が、問題のある人によって傷つけられてしまうかもしれません。 シェアハウスの運営も含め、後々に禍根を残すことは十分ありえます。 リバ邸大宮や越谷では、一般社団法人ふくろうの会シェアハウス事業部が運営者として、日本シェアハウス連盟の指導に従った賃貸借契約書(転貸借契約書)を、行政書士に依頼して作成しています。 ※弊会は、日本シェアハウス連盟加盟団体です 内容については、大手のシェアハウス運営事業者さんの形式を踏まえつつ、行政書士さんと定期的にブラッシュアップしています。 しっかり回っているシェアハウスやルームシェアは、大抵ルールや契約書が整っていたり、運営会社がしっかりしていたりします。 確認するポイントとしては、 ・基本的なルールの列挙だけでなく、細かい事項も含めてしっかり記載がある ・契約書についてしっかり運営者(管理人)から説明がある ・割印や契印などの契約書の書式を踏まえている などがあげられます。