wolverion.com
インストール禁止ソフト | 狼系
私の勤務先のシステム屋が管理している「インストール禁止ソフト」が更新され新たに追加されたものがあるので、自分のPCにこれらのソフトウェアがインストールされていないことを確認し、チェックリストに申告すること、というような通達がありました。その確認というのはWindowsの「ファイルを検索」を使用するという実に簡単なものなのですが、そんないい加減なものでいいのだろうかと思いつつ、またインストールしたかどうかなどわざわざ検索などしなくてもわかるのに、と思いながらも仕方なく確認し、当然のごとくインストールされていなかったので「OK」と申告しておきました。 ここで「インストール禁止」とされているものとしては以下の3種9品があげられています。 ファイル共有 Share Winny WinMX Napster VPN PacketiX VPN TinyVPN OpenVPN SoftEther その他 Skype ファイル共有ソフトについては昨今Winnyによる情報流出が大きな社会問題となっていますので、不意の流出を防ぐという目的としては最低限の措置といえるでしょうし、業務上必要になるとは思えないので全く問題ありません。そもそもそんなものを職場のPCにインストールしているような人間が同じ会社にいるとは思いたくありませんが、実際には1人や2人はいるのでしょうか。全く嘆かわしいことです。 これに対してVPN(Virtual Private Network)ソフトというのは簡単に言えば暗号化通信によりインターネット上に仮想的な専用線接続を設置するものですが、これの何が問題視されているかといえば、通信内容が暗号化されているためにインターネットへの接続点に置かれているファイアウォールをすり抜けるトンネルが設置されてしまい、機密情報が流出してしまう恐れがあるということです。しかしファイル共有ソフトによる流出との決定的な違いは、VPNをインストールする人は確信的に意図を持ってトンネルを設置しているということであり、明らかに故意犯であるということです。そういう人のために会社が損害を被るというのはたまりませんから、今後は自己申告に任せるだけでなく何らかの方法で摘発できないものでしょうか。