wolverion.com
高知旅行 | 狼系
インスタ映えの旅。 ここ数年、長期連休になると一人で旅行に出かけるのがなんとなくお約束のようになってきましたが、この正月はおとなしくしていようかと思っていたところ、妻の方から「またどこか行くんやろ」と聞かれてしまったので「じゃあ行こうか」となり、結局今回は四国へ渡って高知に一泊してくることになりました。高知県は2年半前に四万十川へ行って以来となりますが、その時は高知市はスターバックスに寄っただけで素通りしてしまったので、高知の街を訪れるのは初めてということになります。 瀬戸大橋をわたり、前回の教訓から瀬戸中央自動車道を坂出ICで降り、すぐそばのセルフうどん 麺太郎で朝食に早速うどんを食べ、そしてまた道の駅とよはまに隣接する鳥越製麺所がこの1月に閉店するというのでその前にと思って寄って、「かまバター」をいただいてしまいました。やはりうどん県をうどんを食べずに通過することはできません。 この日まず目指したのは「仁淀ブルー」です。仁淀川とその支流があまりの清流で美しい青色になっているというものですが、年末に後輩Mから「藻が無くなる冬の方がきれいらしい」と聞いていたので、早速行ってみようと思ったのでした。特に美しい青が見られる場所はいくつかあるのですが、まずは「にこ淵」と呼ばれる場所に行ってみることにしました。当然渓谷の細い道を走って行かなければならないのですが、駐車場から降りていく道が非常に滑りやすいので注意が必要です。私も1回滑って尻餅をついてしまいましたが、そうして降りていった先の水は予想以上に青くて感銘を受けました。このあと、またちょっと走って「水晶渕」というところにも行ってみましたが、こちらはこちらでちょっと水深が浅いせいかまた違う美しさがあって良かったです。また、そうしたスポットだけでなく、道路から見られるなんでもないところでも時々非常に美しいところがあって、そうしたところでも車を停めて写真を撮ったりしていました。