wolverion.com
2019年 正月 | 狼系
新年明けましておめでとうございます。 テレビなどではしきりに「平成最後」という言葉が連呼されるこの年末でしたが、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。新しい年を無事に迎えられたでしょうか。我が家は今年は帰省していないので元日の今日は妻の実家に集合したのですが、末の義妹一家はインフルエンザを罹患してしまい、3歳の甥が入院して病院で年越しするはめになったとのことで、同じように体調的につらい思いをしている方も少なくないのではないでしょうか。せめてこの正月休みの間にしっかり休息をとって、万全の体調で仕事始めや始業式などを迎えていただけることを願います。 さて、ここで昨年2018年の一年間を振り返ってみたいと思います。 我が家では長男と次男が同時に入学試験に臨む年となっていたのですが、ふたりとも無事に第一志望の進学先に合格することができ、それによって長男が一人暮らしを始めることになった、というのがなんといっても家庭面での一番の変化です。誕生以来18年あまりずっと一緒に暮らしていた長男がある日から急に家にいなくなり、妻と次男との3人での生活になってしまうというのは非常に大きな変化でしたが、さすがに数ヶ月もすれば慣れてしまうものです。いつかは来るべき日が早いか遅いかだけのことなのですけどね。 このブログも最近では実にムラのある投稿間隔となってしまいましたが、今とは別の名前でやっていた頃を含め、ブログという形になってからなんだかんだで15年以上も続けているということになりました。こんなにまばらな投稿で「続けている」と言ってしまってよいものか、ちょっとはばかりがあるような気もしますが、少なくとも毎月1回以上投稿できているうちは続けていきたいと思っています。 そんなブログの記事として多かったのはやはり映画の紹介記事だと思いますが、昨年もそこそこ多くの映画を見ることができました。今振り返ってみると年末の「ボヘミアン・ラプソディ」や「アリー/スター誕生」という音楽をテーマにした2つの作品が印象に残っていますが、「カメラを止めるな!」や「search/サーチ」といったアイデアを感じるものもありました。また、「インクレディブル・ファミリー」、「ミッション