wolverion.com
東京往復ドライブ | 狼系
こんなの誰にも付き合わせられません。 先週は久しぶりに東京モーターショーを見に行ってきましたが、実はこれはほとんど名目だけで、本当の目的はその往復のドライブにあったような気がしないでもありません。自宅から東京の実家までは普通に高速道路で行けば600kmほどの道のりになりますが、新幹線で行くよりも安上がりに済ませたいので極力一般道で行く、というのが基本方針です。また、ただ真っすぐ行ってもつまらないのであちこち寄り道をすることになります。 ということで出発した日は3時過ぎに目が覚めてしまったこともあり、自宅は朝4時くらいに出発してしまいました。そのおかげでスイスイスムーズに東名阪道の御在所SAに7時前に到着したので、ここでスターバックスの開店を待って朝食を摂り、そして名古屋の南、大府ICで高速を降りてここから下道にしました。ただ、ここで高速を降りるのはちょっと早すぎて、朝の渋滞に捕まってちょっと時間のロスになってしまいました。 なんとか渋滞を抜けると知立バイパスはスムーズで、蒲郡を抜けて太平洋沿いを進んで御前崎に到着したのは11時半ごろでした。ここで昼食を摂って、今度はまっすぐ北へ、山の方へと向かって到着するのが今回の寄り道のハイライト、大井川鐵道井川線の奥大井湖上駅です。ここでは駐車場から駅が見える展望台までちょっとしたハイキングをしてようやく眺められるのですが、写真で見たとおりなかなかの光景です。ただ、先日の台風のせいか湖の水が茶色く濁ってしまっていたのだけは残念です。また、本当は列車を一緒に写真に入れることができれば良かったのですが、なにぶん一日5往復しか無いのでそれに合わせることはできませんでした。 次に向かったのはこのすぐ近くにある寸又峡です。ここにたどり着くまではすれ違いのできないような細い山道を通らなければならないので、観光客で賑わう週末や連休は渋滞となってしまうようなのですが、この日は平日に休暇を取っていたのでそのような観光地とは思えないほど空いていたのは幸いです。ここでも駐車場に車を置いてハイキングとなるのですが、こちらは高低差がなく、また舗装された道路を歩くので散歩程度の感じです。まだ紅葉の時期には早かったようで赤く色付いている木はまばらでしたが、なかなか雰囲気のあるところで気持ちのよい時間を過ごすことができました。