windbandpress.net
「「現代音楽」という言葉の響きの硬さを取り払いたい」 インタビュー:打楽器奏者 會田瑞樹さん
先日「Cheer Up! みやぎ」さんとの提携記事としてインタビューを掲載した、打楽器奏者の會田瑞樹さん。(→インタビューはこちら) Wind Band Pressではこれまでにも會田さんのいくつかの初演映像やニュースなどを取り上げていますが、今回は特にコンテンポラリー音楽を聴く、ということに焦点を当てて、若くして第一線で活躍する會田さんにお話を聴いてみました。 なぜあそこまで熱く鋭く胸を打つ演奏が可能なのか?その秘密の一端に触れられるかもしれません。 特にいわゆる「現代音楽」と呼ばれるものに抵抗のある方は、ぜひご一読ください。目からウロコです。 ―すでにWind Band Press では會田さんのYou Tube の映像などを紹介していますが、改めてプロの奏者を目指そうと思われたきっかけについてお伺いできますでしょうか。 いつもご紹介頂き本当にありがとうございます。編集長梅本さんの情報収集力の高さには驚かされます。僕も知らなかったことを朝WindBandPressで知ったりする事もありましたから(笑) 打楽器演奏家として身を立てていこうと決意したのは、中学二年生のときです。後の師匠となる吉原すみれ先生、そしてツトム・ヤマシタ氏の打楽器独奏を聞いた事がきっかけでした。お二人の打楽器の「音」そして「多彩な表現」に魅せられたのです。 実は、小学校の文集には「ロックスターか小説家になりたい」と書いたことをよく覚えています笑 ロックの歌手には今も憧れています。REBECCAのNokkoを皮切りに、JUDYANDMARY は父も好きだったのでライヴに三度も連れて行ってもらえました。小学生でしたが、今や伝説になりつつあるバンドのサウンドが身体の中に今も流れています。でも、吉原すみれ先生、ツトム・ヤマシタ氏は突き抜けるような表現を「たった一人」でやり遂げていた。僕もこうなりたいと強く思うようになりました。 ―會田さんと言えばコンテンポラリー音楽を中心に演奏活動をされていますが、初めてコンテンポラリー音楽に惹かれたきっかけとなった作品はございますでしょうか。 先ほどの続きになりますが、中学二年生のときにCD で聞いた吉原すみれ先生演奏による、石井眞木作曲《サーティーン・ドラムス》そして、ツトム・ヤマシタ氏演奏によるハンス・ヴェルナー・ヘンツェ作曲《刑務所の歌》です。